« 中学生のころから。 | トップページ | 映せた後姿。 »

似てる。

目的を持って

真っ暗なうちに自宅を出る。

峠を越えて山を下るうち

うっすら明るくなり

通りすがり、見つけた

街道沿いの

朝市に急停車。

吐く息が白く立ち上る中

まだ暗いガレージのような

そこに行き着く。

おじいちゃんおばちゃん

おにいさん

おねえさん。

さまざまな年代の人が

わいわいやっている。

猪汁やピクルス、パンなど

和洋取り混ぜる

軽食も並ぶ、薄明るいそこは

まるで

キラウェアビレッジの

ファーマーズマーケットのよう。

行きそびれた

もうひとつの

大原の朝市にも

ぜひぜひ行って見なければ。

神恩感謝。

|

« 中学生のころから。 | トップページ | 映せた後姿。 »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中学生のころから。 | トップページ | 映せた後姿。 »