東京

久しぶりに都会。

たなぼたで

東京方面。

その地の空気を吸ったときに

ふっとプロパンガスのような臭いが

漂ったのだが

少し経つと慣れたのか、

気にならなくなった。

それが気になる。

さて、数年前の東京に比べて

明らかに外国人が多くなって

驚く。

夕暮れの銀座周辺は

耳をふさぎたくなるような

選挙演説の大絶叫に

欧米やらアジアやらの人たちで

ごった返していて大混乱。

歩くのにとても難儀。

長くいられる場所ではなかった。

ある日の日暮里の繊維街。

前回は全く目にしなかった

お隣の国やら

その近くの国々の人たちが

たくさん布を見に来ている。

小さな店舗はそれほどではないが

大規模な店舗には

外国語が飛び交っていた。

観光で訪れるにしても

ありきたりでないものをと

目の付け所が

変化するのは

自分も同じか。

国に関わらず

これだけの人たちが

創作意欲を持っているんだな、と

自分の目で見て感慨深くなった

暑い夏の日。

そして、日を改めて

成田台方へ。

訪れたそこは

祭りを翌日に控え

奉賛の人々により

きれいに掃き清められ

虫干しか、御輿も拝殿前で

鎮座。

鳳凰も取り外され

脇でほんわか一休みの様相。

目を閉じて手を合わせると

ざわめきも気にならず。

それから

本殿左脇からずらっと並ぶ

たくさんのお社に手を合わせる。

本殿後ろに位置する

大きなお社は

小さな石の作りながら

すくっと

空に伸びていく感じか。

鳥居が最近奉納されたようで

真新しい。

その後御神域の木立を降りていき

林の中を歩く。

上を見上げると

思わず目が離せなくなった。

背の高い木々が

葉っぱで御神域に

天井の高い

ドームを作っているよう。

その空間は少しあふれているような

心地よく

清涼。

さらに進むと

真新しく小さな木製覆い屋の中には

ここがこの地の大元なのかな、と思わせる

立派で小さな石のお社

脇には

名が彫られた

磐座か、違うか。

この地の元の元なのか。

覆い屋を作る際に

周辺を

少しいじったか。

祭りを前に

掃き清められたか。

とにかくこちらにも手を合わせ

神恩感謝。

帰りがけに手水前の

道祖神さんにも

手を合わせ。

とてもいいところだった。

帰りに

成田の空港敷地近くの

戸村商店にて落花生を

買いあさる。

試食もたくさんさせてくださり

感謝。

味噌ぴーは

とまらなくなるので

危険。

なかなか足が向かなかった東京方面だが

行ってみないとわからないことが

あるので

あえて遠ざけるのはよくない、と感じた。

一緒に買い物に付き合ってくれた人

テーブルを囲んで楽しい語らいをしてくれた人

そして相方

皆さんに感謝。

今頃は祭りの後で

片付けも終わり

静かな境内に戻っているのか。

ひとまず

また日常に戻る。

がんばる。

| | コメント (0)

東京いろいろ・3。

ヒカリエとか、有楽町とか、駅ナカとか。
テレビでオープンだ、なんだかんだと
聞いたり見たりはしていたけれども
行ったことがなかったところにイロイロオノボリ。

福井には、名古屋にもない、ワイキキにも(タブン)ない
様々な形態のお店の構えっぷりに
圧倒される。
面白いな。
渋谷ヒカリエではお店の狙い通り
エスカレーターを上っては
雑貨に吸い寄せられる。
その雑貨の選択眼がなかなかよくて
棚の中で一つは
あっ、と思うような商品だったりする。
草間さんや奈良さんの雑貨なんて
福井ではなかなか見られないし
ノートや手帳もキャラクター一択ではない品揃え。
どの売り場も大人だ。
どのお店のバイヤーさんも忙しそう。
見る側は楽しい。
気になるものを手にとって一つ一つに時間をかけると
次にまわれないので
そこそこで諦めることの多かったこと。
大したことがないだろう、と思っていたけど
意外な驚き。
しっかり嵌っていた自分。
百貨店も銀座で回ったけれども
安い格好で行ったから
物怖じしてしまい
欲しいものにも手が出せず。
というか
和幸の高級店で
トンカツアテニヒルビールしてしまったから
忘れて次にいってしまった。
アハハ。
結局
相方へのお土産は
羽田の搭乗口近くの伊勢丹で。
サンタマリアノッベラがあるなんて
キイテナカッタヨ。
ダレニモキイテナカッタケド。
伊勢丹コンパクトですごくよかった。
最後の最後に
羽田から見える夕日に赤く染まる大きな富士山を眺めて
雪雲発達中の小松空港付近に何とか戻ってこれた。

そういえば駒形からスカイツリーを見ても
フム、と思うだけで
感動をしなかった自分にびっくり。
ワイピオ渓谷の前に立ったときみたいに
足元からグワァっとくるかなぁ、と思っていたのだけど。
あがったら
テンションはあがるのだろうか。
今度は登ってみようか。
今度って!?








| | コメント (0)

東京・2・合羽橋。

6、7、8??年ぶりにかっぱ橋道具街へ。
遠野と違ってかっぱのいる雰囲気はなかったような。
ニイミとTDIでたっぷり時間を使う。
はぁ、テンションがあがる。
キャットストリートは通り抜けたことで十分満足いったけれど
この2軒の滞在時間は
それを上回る。
ウププ。

10年以上使っていたけど
残念ながら割ってしまった
数枚の業務用の白食器の買い足し、
そして噂のとうもろこしカッターやイカクリップなどなど。
オイルスプレーも使ってみたい。
これほどのキッチングッズが一堂に会しているのは
かっぱ橋ならではだから
じっくり拝見。

月曜日のそれぞれの店内は
自分のような一般人だけでなく
本業の人たちがたくさん来店しているようで
骨抜きについて
語っている2人組みの年配の江戸っ子さんたちや
フラスコやビーカーの並ぶ菓子道具売り場に
颯爽と入ってきたいぶし銀の男性に
若い職人さんたちが
丁寧に挨拶をしているのを
コッソリ拝見。
彼は偉い人なのか?
さっぱりわからないけれども。

この人たちが美味しいものを作り出すお仕事をしているのだろうな、と思うと
ワクワクした。
で、エッチラオッチラ福井まで
重たい皿やらイロイロ
抱えて持って帰ってきたとサ。

| | コメント (0)

ふくい南青山291。

おのぼりついでに福井のアンテナショップへ。

すごくおされな街並みの一角にゆったりとした空間。

両脇は素敵なお洋服屋(ステキすぎて入店不可)とカフェ。

その奥にアンテナショップがあった。

一通り見て、一福井県民としてグッときたのは(偉そうに、ねぇ・・・・)

満照豆。けんけら。

吉村のおかき。(個人的には中半月だし、辛い物好きなら七味とか)

甘エビの干したの。(サイズの大きいほう、こんな大きさ見たことないから)

ホタルイカの干したの。(同じような商品は多々あれどここのは量が多いから)

福梅。(減塩じゃないの)

プリーツ素材のショッピングバッグ。

記憶に残っているのはそれくらいかな。

あと、日本酒は常時、全酒蔵、是非そろえて欲しいなぁ。

越前焼もセンスの光る若い作家さんたちのものをも少しおいたらいいなぁ。

なんてブツブツ。

福井だけではなく

ほかにも銀座周辺の都道府県アンテナショップを幾つか回った。

本命だったサンダンデロがお休みだった、という残念な結果に

涙を呑んだが・・・。

気持ちを切り替えて、前向きに。

それぞれのお店に結構な人が入っていたから

アンテナショップ人気は本当だったんだと。

特にわしたの人気はダントツ。

沖縄食材が沖縄にいるかのように並んでいて

笑味たれも沖縄そばの濃縮スープも売っていた。

歌舞伎座の前にある岩手の銀河プラザも

なかなか人が入っていて

じゃじゃ麺が買えたのでうれしかった。

百貨店のバイヤーの人がぐっと来るような

全国の選りすぐりの品、も面白いけど

もう少し身近な地元食材

それを並べることが可能なのが

都道府県営のアンテナショップなのかなと。

ま、とにかく面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京で買ったもの。

ニシダで帽子のもろもろ材料と本。

ロクに作りもしないのに。

新宿オカダヤで両面ハトメとインテリア布地。

同じくロクに作りもしないのに。

日暮里で糸・毛皮の小さいの。

同じく。

浅草橋で安いアクセサリ。

同じく~と思い、ここでは完成品を。

トレトレでセールのかばん・靴と、セールじゃない靴。

靴・カバン難民解消。

ラデュレでマカロンと手提げ。

高いけどうまかった。

高島屋で彩果の宝石。

空港で鳩サブレと東京ばななの妹版なやつ。

以上。

明日からお茶漬け。

~ラフォーレの中にあるkitsonに行った。

あのスパンコールのトートを

いくつも手にしてレジに並ぶのはいまひとつピンとこなくて

買わなかった、いや、買えなかった。

東京土産、としてやっぱりひとつくらい買えばよかったかなぁとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京で食べたもの。

デパチカたいめいけんの

オムライス・ハンバーグ・コールスロー・ボルシチセット。

店員の方どの人も感じがいい。

お惣菜売り場の隣にカウンターが並んでいるだけの店舗なのに。

浜松町のZOOT。

昼間はラーメン、夜は焼き鳥ダイニング。

夜に。

2500円のコース結構お得。

この日の内容は

前菜+数品+焼き鳥7本(確か)+ピザ+小ラーメンかブリュレ。

焼き鳥、いい。

最後のミニラーメン、見た目カルボナーラ風で

あわ立つスープが見たことない感じ。

ギネスもハートランドも生で飲めるし

ワインも充実。

中野区の栄楽。

つけ麺のお店。

すっきりした濁りなしの澄んだスープ。

太目の麺は好き。並を注文したけど量的には大盛り。ププ。

割りスープで〆。

浜松町近くの味斎芳。多分支店。

福井ではなかなか食べられないであろう

本格中華。

キャベツの漬物。すっぱい。糸引いている。

牛肉飯、いい。

キュウリの冷菜は似たものができそう。

マネしよ。

同じく浜松町付近の新亞飯店。

大きめショウロンポウ、とても気に入った。

日本じゃないみたいな空間。

銀座の煉瓦亭。

多分池波正太郎が通ったお店。

昼前に既に行列。

30分弱並ぶ。

メンチとグラタン。

丁寧に作った洋食。

パンについているバターは一切れが大きくて驚いたけど

とても美味しかったらしい。

ここもたいめいけんと同じで

接客がすごくいい。

客あしらいの男性とレジの男性は親子だな。

カードは使えない。

最後におまけ、花畑牧場の生キャラメルがけアイスクリーム。

正直480円、高いなぁと思っていたけど

出所の確かな素材でちゃんと作ったアイスクリームと生キャラメルを

都会で食べたらこの値段もアリか、と。

味も美味しさも想像通りの味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事に帰ってきたので。

素盞雄大神(須佐之男命)飛鳥大神(事代主命)の二神が祭られている

南千住にある素盞雄神社に参拝。

住宅街やマンションが立ち並ぶ一角に

木々に囲まれた神社。

お宮参りの家族もいたりして

にぎやかな境内。

本殿の横には少し小高く土や磐が盛ってある場所があり

そこには磐座と祠が祭ってある。

こんな街中に残されているのがよくわかるその在り様。

ほかの神社のように移動して合祀させたくともこれは手が出せまい。

なんだかとてもホコホコした気持ちになれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)