趣味

飛騨の家具。

岐阜県高山市は小京都。
美味しいものがたくさんある町。
酒に飛騨牛に中華そばにパンに駿河屋に・・・・あとなんだ?

食べられないものでは
さるぼぼはともかく・・・・
“家具”。
森林に囲まれた土地柄だから
その木をふんだんに使って
ずいぶん昔から
様々な家具が作られている。
その加工技術に
最近では
デザインもさらに磨きがかかって
しっくりくる心地のいいものが並ぶショップが
市内にいくつかある。
その中で
よく行くのが飛騨産業の飛騨の家具館高山店。
隣接してアウトレットもあるので
高山を通るときは
3回に1回は必ず覗く。
ココでは以前、狙っていた椅子とテーブルが
適正価格(自分にとって)で購入できて
とてもうれしかったことを覚えている。
それに座って今このブログを書いている。

で、最近行きだしたのが
柏木工の暮らしのギャラリー。
座面が低いロースツールが
身内にかなり高評価で
既に購入済なところ
もう一脚欲しいらしい。
座ると無理なく背筋が伸びて
おだやかに和めるらしい。
おそらく
彼ら彼女らは
あの椅子に
死ぬまで座る。
・・・とすればその値段はもったいなく。
自分も定住先に落ち着いたら
きっと欲しいと思う。
・・・、にしても
現状では買うのは身内なので
自分の懐は痛まず。
見るだけのついていくだけ。
大物に関しては
目の保養、とでも言いますか・・・・。

器とかスプーンとか、小物、とか・・・なら。
プププ部屋キタナイのに小物なんておこがましいデスネ。
とにかく
近々行く予定が出来たので
間違えて何か買ってこないか
自分に厳しく言い聞かせている最中。
膝詰めで。
ウププ。

| | コメント (0)

器。

根尾薄墨桜の真上に

器が並んでいた。

ムム、なかなかよい。

ハハハ、と笑う喜楽窯という名前の

作家兼店主の人柄が出ているような。

その中で発見。

一目見て、ハァ、と。

こういうことってあるある。

ププ。

即購入。

コロ煮とかお浸しとか、モリモリに盛って

バクバク食べる自分を妄想。

おまけしてくれて感謝。

また出会ったら、やっぱし何か買いそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜の街。

一日ドライブ。

今回は岐阜県岐阜市。

長良川が街中を滔々と流れており

小高い山の上にはお城が見える。

生まれて始めてこんなに岐阜市を歩いたかもしれない。

雑貨屋めぐりが目的だったけど

途中でただの食べ歩きにシフトしてしまった。

それも楽しい。

柳ヶ瀬の商店街は大須商店街みたい。

だんご屋やお好み焼き屋が点在していて

おばちゃんたちが多い。

アーケードも健在で日中でも少しの日の光と

人工的な明かりに照らされた店並は

色気があるなぁ。

北東北ほどではないけど大須よりも。

さて、食べたもの。

鯛焼きの福丸。

モチっとした生地で焼かれた小振りの天然物。

一尾100円。

店主の接客具合にほれぼれ。

通り過ぎるみんなが声をかけていた。

赤鰐。

夏はいろいろな果物かき氷で大人気の店。

東海地方らしいうどん出汁と

甘みの強い味のそぼろ丼と小鉢。なつかし。

かき氷は紅茶ミルクに。

相生を思い出した。でも甘みが強いな。

雑貨店は街中に点在しており

場所をあまり把握していなかったため

無駄足も多く反省。、

スーベニールの手作りボタン、手ぬぐい、

カラカランの亀の子たわし、木のボタン、

ナガラガワフレーバーで茶碗。

今回は購入せずだったけど

やながせ倉庫のフィールエッセンスという手作りかばん屋。

ここのかばんはあったかい。

いけなかったケーキ屋やパン屋、雑貨店は

次回の宿題。

最後のほうに大塚屋・岐阜店へ。

車道の店よりもこっちが好きだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)